子中の日記・文・妄想。腐女子なので!ちんぱとがちよしへの愛が止まる所を知らない。


by green_green999
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

やっとお盆休み

7月末からバイトづくしでした。ほぼ毎日12時間労働。。。
12、13日はサマソニ!
楽しかったけど自分の体力の低下も実感しました…。
いろんなとこでうたた寝しすぎでした。

偶然、萌える国語教科書同盟というのを見つけて高校の頃が懐かしくなりました。
古典・現文共に教科書読んで萌えてましたよ。
特に漢文の教科書の最初に載っていた話が「知音」という短い話だったのですが、めっちゃ萌えてそれで話一つ書いたことがあります。笑
その後稲垣足穂が同性愛のことを書いている文脈で「知音」という言葉を使っていたので、「やっぱあれってそうだったんだよね!」と納得した次第です。(普通は「深く理解しあう友人関係」や「親しい男女の仲」を指すようですが)
あとベタなところでは「山月記」の哀さん(えんさん・漢字が出ない・友人の方)と李徴(虎になってしまう方)とか、「こころ」のKと先生とか、「舞姫」の豊太郎と相沢とか。
相沢はかなり豊太郎をかまってくる同年代のエリートという感じで「おいしい」とか思ってました笑。
それにしても「知音」はお勧めですよ。
琴(?)の名手・伯牙に鍾子期という友人が一人いて、伯牙が例えば流れる水を思い浮かべながら弾くと、それを聞いた鍾子期は「流れる水の音のようだ」と言う、というように、言葉にしなくても音を組みとって一番理解してくれていたんです。
しかし戦争が起こって、武人であった鍾子期は戦に行ってしまい、伯牙は残った。
後に鍾子期が亡くなった事を知り、「あのように理解してくれる人は他にいない」と言って、伯牙は琴の弦を切り、二度と触れることはなかったという…というような話だったと思います。
先生が授業で話してくれた背景部分と自分の妄想が混じっているかもしれないですが;
これが数行に凝縮されているので、行間読みまくりの捏造しまくりですよ。もえる!!
熱くなれます。

一応原文があったので・・・ttp://oak.zero.ad.jp/teru/gakusyu/kojiseigo/tiin/index.html
(簡単な漢文です。頭にhを。)
[PR]
by green_green999 | 2006-08-15 02:32 | 日常